Friday, August 10, 2012


Here is a shoot Christopher James and I did for RayBan sunglasses, which features some of their newly released shades. Sometimes I wish that I was alive in the free spirited era of the Seventies. Couldn’t you just imagine cruising down the coast line with your hair blowing in the wind and these RayBan's shielding your eyes from the Summer sunshine? This could prove to be an issue, as I would not be able to decide which pair I would want to wear. Maybe I would have to swap every hour or so?

1 comment:

  1. レイバン サングラスレイバンは70年以上の歴史もある。パイロット用のサングラスとして開発されるという。20世紀の初めにゴーグルというものがあるそうだった。このゴーグルは風防ぎに役が立てるが、太陽の紫外線を防ぐにはあんまり効果がない。パイロットにとって飛行するときに視線が大事だ。光学的に眼を守るために、1930年代、レイバン サングラスが誕生した。それ以来レイバンはいろいろなカテゴリに発展されている。そのうちRay-Ban サングラスも一般の民衆に使われている。 そして「Ray-Ban」 や「RB」というマックはだんだん大勢の人たちに知られている。
    1970年代から40年の間にレイバン サングラスはますます多く映画のキャラクタに利用され、特にその英雄人物に。これからレイバンはまった多くの分野に利用されるだろう。


INSTAGRAM; @allaboutedie FACEBOOK; All About Edie